Home

理容室と美容室

はさみとクシ理容室は男性向け、美容室は女性向けというイメージがありますが、最近では男性でもオシャレなヘアスタイルにしたいという理由で、美容室を訪れる人が増えてきています。

理容室と美容室の違いは、法律的な違いが挙げられます。理容室は一般的に床屋さんのことで、理容師という免許が必要です。一方、美容室は美容師という免許が必要になります。

基本的に理容室も美容室も髪を切るという点では差はありません。違う点としては、理容室では顔剃りをしてもらえます。理容師は剃る技術を学んできているので、しっかりと剃ってもらうことができます。

昔と違って最近は理容室でもオシャレな外観のところが増えてきているため、美容室との見分けがつかないということがあります。見分け方として簡単な方法は、サインポールです。

サインポールは赤、青、白のグルグル回っている電気の置物のことです。理容室の前には必ずと言っていいほど置いてあります。これが置いてあるお店なら理容室と考えればいいのです。

ただし義務付けられているわけではないので、場合によっては理容室でも置いていないことがあります。どうしても分からないという場合には、思い切って店内に入ってみるしかありません。

どんな髪型にしたいかによって使い分ける

見上げる男性男性でも最近は美容室に行く人が多くなっています。理容室と美容室どちらに行っても構いませんが、どんな髪型にしたいかによって使い分けてみるといろいろなヘアスタイルを楽しむことができるようになります。

理容室の場合、昔ながらのヘアスタイルになることがほとんどです。カミソリやバリカンを使った角刈りや坊主といった短髪を得意としています。

また、就職活動にピッタリな清潔感があり、真面目に見えるヘアスタイルにするにも最適です。お堅い感じの職業に就く場合にもヘアスタイルはこだわることになるため、万人受けするようなヘアスタイルを求めるのなら理容室を選んだ方がいいかもしれません。

一方、今時のオシャレなヘアスタイルにしたいという場合には、断然、美容室がお勧めです。流行のヘアスタイルにすることもできますし、何よりも女性受けのいいカッコイイ髪型を選べます。イメチェンしたいという人やモテるようになりたいという人などにお勧めと言えます。

男性でもカラーリングをしたりパーマをかけたりすることがあります。そんな時にも美容室がお勧めです。今まで理容室しか利用したことのなかった男性が美容室を利用すると、かなり印象が変わります。

髪をセルフカットする男性も増えている

男性の髪セルフカットで髪型をいつでも好きな時に変えることを楽しんでいる男性が増えています。

メリットはまず自分の好きな時間に髪をカットできることです。深夜まで営業している美容室も増えましたが、前髪だけカットしたいという時やちょっとだけ全体を軽くしたいだけという時にはやはりセルフカットが便利ですし、時間とお金の節約にもなります。

デメリットは、最初に自分で髪専用のはさみやバリカンを用意する必要があることや失敗してしまう可能性もあることです。髪の頭頂部にしっかりとボリュームを出してカットすることが髪の短い男性のヘアスタイルには大切ですがついカットしすぎて失敗してしまうことが多いのもこの部分です。

最近はセルフカットする人が増えたので、絵や写真つきで上手にカットする方法を掲載しているサイトやDVDもかなり沢山あります。また、美容室でちょっとオーダーしにくいヘアスタイルも、自分だけしかいないセルフカットなら思い切って挑戦することもできます。

今までとは違うヘアスタイルにしたいと思う人や自分に合ったヘアスタイルがなかなか見つからないという人にもセルフカットはこれから人気が出てくるといえます。髪専用のはさみやバリカンを購入するとサンプルメニューが添付されていることもあるので、そこから始めてみる人も多いです。

更新情報

2014.10.30
ワックスのつけ方ページを追加しました。
2014.10.23
ブローの方法ページを追加しました。
2014.10.16
シャンプーの選び方ページを追加しました。
2014.10.9
髪型とヒゲはセットで考えるページを追加しました。
2014.10.2
髪型シュミレーションアプリページを追加しました。